Q-info 第119号 2017年11月発行 【スタッフのつぶやき】

スタッフのつぶやき

シスポートのスタッフが、読者の皆様に一言お話しさせていただくコーナーです。

 皆さん、こんにちは。シスポート陸上部の西田です!
原田から、マラソンネタのたすきをもらったので、つないで見たいと思います。(笑)
僕がマラソンを走る理由を考えてみました。^^

学生時代は、部活が苦手でクラブ活動はしていませんでしたが、三年前に学生時代の
友人に誘われ、淀川マラソンに出場。

自分なりに練習して挑みましたが、25km付近から疲れがでてきて、30km過ぎから、
太もも・ふくらはぎが痛み出し、35km付近から、足の裏が
痛くて走れない(歩くのも辛い・・・)。とすごく辛い体験でした。

でも、走りながら自分のドラマがあります。辛さを上回る達成感もあります。
マラソン友達もできます。今年は、神戸マラソン・奈良マラソンを予定しています。

営業部システム課 西田進一

Q-info 第119号 2017年11月発行 【SSAT】

テーマ: 乗換案内

SSATとは、スマートフォン、サービス、アプリ、タブレットの頭文字で、
それらに関するワンポイント情報をお伝えしていくコーナーです。

 あまり詳しく無い場所へ交通機関を使って行く時に、メチャクチャ助かる
経路案内のアプリケーション。
最近は、路線バスにも対応しているものが増えてきました!

様々な会社から出ているアプリですが、今回は「無料」でとっても使えるアプリを
紹介します! その名も「Yahoo!乗換案内」

「なんや・・Yahooかいな・・普通やん」って思っておられるかもしれませんが、
このアプリのすごいところは、「定期券考慮検索」機能が無料で利用できます!
※他社さんのアプリだと有料になる機能なんですよ。

定期券の区間を加味して、最もお得に目的地までたどり着ける経路を教えてくれます!
追加金額のみ表示されます。

さらにもう一つ。スマホのアプリとパソコン版のデータ連携が出来るんです。
最寄り駅の登録や自宅と職場の往復で利用する路線の運行情報通知設定などの情報を
「共有」します。

スマホからの設定は画面も小さいので骨が折れますが、パソコンは大きい画面で
楽々設定です(^^)

ただし、1点だけご注意を。「YahooID」を登録することが必要になります。
無料で登録出来ますから、使いたい方は是非是非♪

(壱Q)

Q-info 第119号 2017年11月発行 【読者訪問】

読者訪問 第94回

お伺いした会社  株式会社タケダ
お話を伺った方  代表取締役 竹田 裕美子 さん
会社の所在地   〒605-0989 京都市東山区本町新5丁目147
連絡先など    TEL 075-541-8121  FAX 075-541-8124
事業内容     工業薬品、塗料、接着剤、染料などの化学薬品取扱商社
ホームページ   http://www.takeda1893.co.jp/

 今回は2011年9月号の第20回読者訪問にご登場いただいた株式会社タケダの
竹田裕美子社長に再登壇いただきました。

前回お話を伺ってからちょうど6年が経過しました。創業120年超の会社にとっては
6年くらいあっという間といわれそうですが、変化の激しい近代にとっての
6年という期間はいろいろな変化をもたらします。

 前回お伺いしたときに竹田社長は塗るものすべてを扱っている“塗料屋”だと
おっしゃっていました。
ところが今回は、顧客から求められるものは何でも扱う“材料屋”になったと
おっしゃいます。

塗料や染料、接着剤から樹脂といった塗るものから、薬品、各種溶剤、部品や
更に情報まで、何でも提供しますと断言されました。床掃除に使う薬品、
各種衛生用品、更には抗菌、除菌、消臭、防カビなどの防菌剤を扱うのみならず、
その塗布まで請け負っておられます(施工は協力会社に依頼)。

商品を販売するだけではなく施工まで引き受ける…。単なる商社の域を
超えていますね。

 更にさらに、最近取扱いをはじめた胡粉ネイルに至っては
お客様(エンドユーザー)への直販もはじめられました。

胡粉ネイルというのは、絵具屋さんが開発した水性のネイルです。
水性であるがゆえに、有機溶剤を使用しておらず臭いがなく子育て中の
お母さん方にも安心して使っていただけるネイルです。

もちろん取るときも有機溶剤を使った除光液など必要ありません。
いよいよ“安心安全”まで売り出されました。

 今まで雑然としていた玄関横のスペースに、胡粉ネイルの簡単な売り場を
設けたところ、通りがかりの人が胡粉ネイルを見に入ってこられます。

この取材をしている間にも数人の人が入れ替わり入ってこられました。

 ものづくりの会社だけを相手にしていた“塗料屋”から、
あらゆる会社から果ては一般の消費者までを相手にする“材料屋”への
チャレンジは、124年の歳月を超越して新たな世界を築きつつあります。

 歴史を背負いながら女性の感性を活かした竹田社長の挑戦に大きなエールを
送りたいと思います。

(米田)

Q-info 第119号 2017年11月発行 【一丁噛】

一丁噛が行く!  第112回:選挙

 衆議院選挙が行われました。皆さん、投票に行かれましたか? 今回の選挙の
投票率は53.6%(毎日新聞調べ)で戦後二番目の低さだったとか。

台風の影響があったというものの50%ちょっとというのは低すぎると思います。
2人に1人しか選挙に行ってないことになります。

国民の一人として、少し情けないと思うと共に残念でなりません。

 投票率が低い要因はいろいろあると思いますが、もっとITを使ったやり方が
できないものかと思っています。平成14年に地方選挙での電子投票が解禁され、
京都市でも過去3回の市長選でも一部の区で実施しましたが、廃止に踏み切りました。

理由はコストがかかりすぎることと国政選挙での導入のメドが立たないこと。
投票機のリース代などに約3,600万円かかるが投票用紙や開票作業のコストダウンは
100万円程度に留まるとか。また、国政選挙への導入を目指す法案も廃案になりました。

 そもそも投票所に足を運ばなければならないことが問題なのではないかと
思います。ネットがこれだけ発達してきているので、在宅でネット投票が
できる仕組みをなぜ考えられないのか、不思議に思います。

 (一丁噛)

Q-info 第119号 2017年11月発行 【What’s this?】

テーマ:ウイルス対策付USBメモリ

 今回はウイルス対策付USBメモリをご紹介します。

 データ保存や、データの持ち運びにUSBメモリーをお使いの方
が多いと思います。

このUSBメモリ、PCに挿したと同時にメモリ内部のファイルをPCが認識し
、すぐに読み書きできる状態になります。

ですから、もしもウイルスに感染しているPCにUSBを挿してしまったら、
即座にウイルスが侵入してしまいます。

そして、気づかずに別のPCにそのUSBを挿してしまったら、そのPCが
感染してしまいウイルス感染を拡げてしまうことになります。

 そのようなリスクを回避してくれるのが、ウイルス対策付USBメモリーです。
内部にウイルス検査専用のチップが入っており、データ書き込み時に
ウイルス検査をして感染を防いでくれます。

PCのウイルス対策ソフトと同様に、ウイルス定義ファイルの更新が必要ですが
一年で1,000円程度です。

定義ファイルの更新は、PCにUSBを挿したときに自動的にアップデート
されますので難しい操作はありません。

 USBでデータのやり取りをされている方は是非検討してみて下さい。

(シンキチ)