Smart UP’s

ti_hanbai

概要

エレベータ、エスカレータ、立体駐車場装置などを始めとする昇降機の保守・メンテナンスをされている会社様向けに開発された保守点検業務から請求・回収業務までをワンストップで管理できるパッケージ・ソフトです。

各物件の情報は紙媒体やAccessなどの簡易なデータベースで、点検スケジュールなどの管理はホワイトボードやEXCELなどの表計算ソフトで、売上・請求管理は市販の販売管理ソフトで… そういった現状から脱却しデータを一元管理することにより効率アップと顧客満足度アップを図れます。またスマートフォンを活用することにより機動力のアップも可能です。

特徴

  • 契約内容だけでなく点検日時指定、お知らせ・報告方法、機種や現場の詳細、さらに変更履歴や点検・故障・不良などの履歴確認、さらに物件カルテフォルダとの連動も可能な物件管理
  • 物件検索画面から速やかに入力が可能な故障受付
  • カレンダー画面で視覚的に予定が組み立てられる点検スケジュール設定
  • スマートフォンを利用して前回の点検状況を確認しながら業務が行える点検報告
  • 不良が発見されたらその場でスマートフォンの写真画像を貼り込んで作成できる不良報告
  • 不良報告から見積、受注後の作業依頼から納品、完了報告、売上計上まで処理の流れを明確化できるワークフロー機能
  • 検査時期の到来を確認できる検査一覧、申告書類の流れを追跡できる検査状況入力
  • 複数端末で入力できるネットワーク対応。(VPN接続により複数拠点にも対応)
  • 運用および操作指導、稼働後のサポート対応、トラブル時のリモートメンテナンスで安心導入

パンフレットはこちら

主な機能

<メイン処理> <点検・日次処理> <締日処理>
物件検索一覧表物件検索一覧表 点検予定訂正・追加点検予定訂正・追加 請求元帳
物件マスタ登録・物件マスター登録 点検予定表 請求一覧表
故障受付入力故障受付入力 点検お知らせ一覧表 請求書請求書発行
・物件履歴   請求繰越処理
・物件カルテ 売上入力

納品書納品書
集金予定表
作業依頼一覧作業依頼一覧表 入金入力  
・作業依頼書入力


作業依頼書作業依頼書
売上入力モニター 定期点検請求明細作成
各種報告一覧表 入金入力モニター  
・点検報告 入力集計表  
不良報告補足入力・不良報告


不良報告書不良報告書
履歴検索  
完了報告・完了報告    
検査状況一覧表    
・検査状況入力 WEB送受信処理
WEB保守点検システムWEB保守点検システム
 
見積一覧表    
見積書発行・見積書入力


見積書・見積書
   
<月次処理> <マスター処理> <営業資料>
得意先元帳 取引先マスター登録 部門・分類売上報告書
売掛残一覧表 商品マスター登録 得意先売上報告書
入金区分別入金一覧表 分類名マスター登録 商品売上報告書
受取手形一覧表   保守実績集計表保守実績集計表
月次繰越処理   故障受付明細表

各マスター登録の登録可能件数と項目概要

処理範囲 定期点検、故障対応、見積~作業依頼~個別作業・納品、検査状況、売掛・請求管理、各種営業資料
部門件数 最大999件
取引先分類件数 分類1(社員)、分類2合わせて最大999件
商品分類件数 分類1、分類2合わせて最大999件
物件件数 得意先99999999件。ただしデータベース記憶容量に依存
機種件数 最大999件
機種コード 数字3桁以内
機械件数 1機種につき最大9999件
機械コード 数字4桁以内
物件管理番号 数字8桁以内
物件名称 全角15文字/半角30文字以内×3。および装置符号=英字2文字、号機番号=数字2桁、補助記号=英字1文字
請求サイクル 毎月1回以内で任意月請求可能
請求金額指定 毎月定額、月により変則いずれも対応(ただし1年単位の設定)
定期点検回数 毎月2回以内で任意月実行可能
取引先(得意先/契約先/管理会社)件数 得意先79999件。ただしデータベース記憶容量に依存
取引先コード 数字5桁以内。ただし 00001~79999 の範囲内で設定
先方支店・営業所件数 1取引先につき最大999件
先方支店・営業所コード 数字3桁以内。ただし 000 は本社専用。001~999 の範囲内で設定
取引先名称 全角15文字/半角30文字以内。正式名称は全角15文字/半角30文字以内×2
締日指定 単一。月複数回締は運用によって可能
集金・支払管理 月一回を前提とし、締後300日以内の管理が可能
商品件数 コード運用設定およびデータベース記憶容量に依存
商品コード 英数カナ15文字以内で任意設定。数字のみ設定も可能
商品名称 全角15文字/半角30文字以内×2
明細(見積・作業依頼・売上・入金など)
件数
データベース記憶容量に依存

Q&A

オーナーさんが以前の物件名で問い合わせてくることがあるのですが?

物件情報の変更履歴に物件名称変更が記録されていれば“昔の名前”検索を利用して物件を検索できます

検査の管理というのは今月あたりどの物件の検査をしないといけないのかが分かるものですか?

もちろんそれも確認できますが、その後の状態(オーナーさんに書類を渡したがまだ戻ってきていない等)も管理できますので、検査はしたもののまだ更新できていない物件のチェックも可能です。

スマートフォンを利用するメリットは何ですか?

故障などの発生が通知される等情報共有が可能になります。また現場に急行した際もスマートフォン上で現場の情報を確認できます。不良報告や完了報告ではスマートフォンで撮影した画像を「Smart UP’s」本体に転送することもできます。

点検報告の入力などもスマートフォンを利用できるのですか?

もちろんできます。尚、報告関係は出先にてスマートフォン、帰社後パソコンにて「Smart UP’s」本体、帰社後ブラウザ画面、の3パターンの入力が可能です。

対応OSや動作環境は?

OSに関しては、 Windows Vista、Windows 7 で動作保証をしております。
マシンスペックに関しましては別途お尋ねください。

「ORACLE」って何ですか?

データベースを管理するシステムの名称で、日々蓄積されていくデータを管理するのに必要です。
「ORACLE」は膨大なデータベースを処理することを前提に設計されているので、データは安全に
保存されます(利用するためには別途ライセンス費用が必要です)。

サーバー機は必要ですか?

一台で利用する場合は不要です。複数端末でご利用される場合は大きな負荷がかかることを
考慮してサーバー機の設置を推奨しております。

ノートパソコンでも使用できますか?

スペックに問題ないようでしたら、ノートパソコンでもご利用は可能です。
スペックの詳細に関しましては、一度お尋ねください。

使用するパソコンが増える場合はどうしたらいいですか? またその際は別途費用がかかりますか?

ライセンスとセットアップ作業が必要になりますので別途費用がかかります。

サポート体制はどうなっていますか?

電話、FAX、メールでの対応だけに留まらずインターネットを利用してリモートによる保守も
おこなっておりますので、緊急的なデータメンテナンスなどもスムーズにおこなう事ができます。

サポート保守には必ず入る必要があるのですか?

原則として月額保守にご加入いただいております。再インストールなどシステムそのものに関する保守は
もちろんですが、直接関係がないお困り事(インターネットがつながらない、EXCELの使い方が
よくわからない、プリンターが不調である等)も可能な限り対処するようにしております。

導入後に追加したい機能がある場合は対応できますか?

導入後の追加開発は可能です。ご相談ください。

システムイメージ

smartups_logo

スマートアップシステム概略図

概算提供価格

■仕様構成 タイプⅠ タイプⅡa タイプⅡb タイプⅢ タイプⅣ
物件管理/定期請求管理
検査管理
  ○   ○   ○   ○   ○
点検予定・報告/故障受付
・報告/不良報告
  -   ○   -   ○   ○
見積/作業依頼/完了報告   -   -   ○   ○   ○
スマートフォン対応   -   -   -   -   ○
《参考標準価格(税別)》
 ※5端末で運用時
230万円~ 260万円~ 250万円~ 280万円~ 310万円~

※上記価格は端末機5台で運用した場合の価格です。端末機の増減により価格は変わります

※参考標準価格にはソフトウェア本体価格の他に各種セットアップ費用、操作指導料などの付帯経費

 も含みます

※一方参考標準価格にはサーバー等のハードウェア、セットアップなどのサーバー関連付帯経費は含

 んでおりません

※上記価格とは別に月額保守料(メンテナンス料)を申し受けます(8,000円~ 端末台数により異

 なる)

※スマートフォン対応タイプ(タイプⅣ)の場合、WEBサーバーの設置費用および使用料が別途必

 要になります)