Q-info 第106号 2016年10月発行 【Qのほそ道】

Qのほそ道

こんにちは(^^) 本日は、算数のお話ですよ♪

最近は、マイナス金利なんていう言葉が飛び交っております・・そもそも金利って、
昔は私たちにとって大切な数字でしたよね・・
今となっては、魅力が全くありません・・

そんな金利に関して、少しだけ便利な?気持ちになる算式を皆さんにご紹介します。 

 その名も『72の法則』です!

実は「壱Q」、こう見えても(どう見えてんねん?)ファイナンシャルプランナーの資格を持っているのです~
( ゚Д゚ノノ”☆パチパチパチ

お金が2倍になる期間が簡単にわかる便利な算式なんです! 
なんと「72÷金利≒お金が2倍になる期間」になるんですよ。

たとえば、金利18%(!)でお金を借りた場合、「72÷18=4」となるので、約4年で借りたお金が2倍に
なることがわかってしまいます

・・恐ろしい・・

この法則を使えば、消費者金融でお金を借りる場合(10万円以上100万円未満を借りる場合は
法律の上限金利18%が通常適用されます)や、クレジットカードの分割払いやリボルビング払いを
利用する場合(大体12~18%が多い)に、どの程度の速さで
借金が2倍になるかがわかるんですよ。これは利用に慎重になりますよね・・

 更に、お金を借りる場合だけはでなく、お金を運用する場合にもこの算式を利用できますよ。

たとえば、「金利3%でお金を運用した場合、何年で2倍になるか」を知りたいときには、
「72÷3=24」・・約24年で2倍になることがわかるんです♪バブルの頃の金利ですね~^^;

 因みにこの算式は「72÷お金が2倍になる期間≒金利」にも変形できるので、「お金を2倍に
するには、何%で運用する必要があるの?」がわかっちゃいます。

10年でお金を2倍にしようと思った場合、「72÷10=7.2」・・金利7.2%で運用する必要があります。

この算式で使用する金利は複利(利子にも利子がつくこと)が前提条件だったりと概算にはなります。
でも、ちょっぴり嬉しくなる算式です♪

どこかで思い出してやってくださいね~!ではでは72principle