Q-info 第111号 2017年03月発行 【読者訪問】

読者訪問 第86回

お伺いした会社 日本特殊螺旋工業株式会社
お話を伺った方 代表取締役 木内 宏昌 さん
会社の所在地  〒661-0021 兵庫県尼崎市名神町3丁目8番9号
連絡先など   TEL 06-6421-0856  FAX 06-6421-0845
事業内容    特殊合金精密加工業
ホームページ  http://www.b-titanium.com

チタンなど特殊な合金の加工で他社を寄せつけない強みを発揮しておられる日本特殊螺旋工業さんに
お伺いしました。

 木内社長はもともとネジの製造会社にお勤めでした。当時まだ珍しかったチタン合金でネジを
作りたいと会社に申し出たら、『チタンはやる気がない、鉄だけで十分』という返事。

64チタンと呼ばれるチタン合金でネジは作れないと言われていたそうですが、職人的感覚でできると
確信して独立開業されました。そして見事に“鍛造”という工法を用い“転造”によって強度の
高いボルトを作ることに成功。

 過酷なレースにおいて高強度が要求されるバイク用のボルトとして高く評価され、
パーツメーカーとして、またレーシングチームも擁するバイク通の方の中では有名なヨシムラで
採用され、同社のチタン合金ボルトを使ったバイクが鈴鹿8時間耐久ロードレースで2度の優勝を
飾るなど、同社のボルトに対する信頼度は高く評価されてきました。

また、バイク好きにはたまらない青い色のついたボルトは日本で最初に作られたとか。

今ではカラーボルトはネット販売でも人気商品となっています。2000年に創業されたとき、
チタン合金の中でも将来的にβ合金が伸びると期待され、新しい技術と概念で伸びゆく企業と
なるようにあやかりベータチタニウムという社名を付けられたそうですが、その後、取り扱う素材が
チタン合金だけに留まらず難易度の高い多くの素材へと広がってきたことから、2012年に現在の
社名に改められました。

特殊な合金の加工ができるところは日本で数社しかなく、よそでできないものの注文が次々と
入ってきて、『どないしょう?』と嬉しい悲鳴を上げることもしばしばとか。

 以前使っておられたシステムが件数的に限界が来ていた一昨年、京都竹田のパルスプラザで
開催された「ビジネス交流フェア」で弊社が出展していた生産管理システム『Assist』が
目にとまりました。

そしてお声掛けをいただいたのですが、競合していた他社が積極的な営業攻勢をかけてきたことに
違和感を感じられ、比較的おとなしく打合せを進めていた当社に好感を持っていただけたのか、
「Assist」の導入を決定して下さいました。

 売ることしか考えていない営業はダメ、コツコツとやってきたからこそ今があると
おっしゃいます。他社にない強みを活かして売上倍増を目指し、高い従業員満足度を達成したいと
語っておられた木内社長の目標の実現にエールを送りたいと思います。