Q-info 第75号 2014年03月発行 犬も歩けばサポート日記

犬も歩けばサポート日記シーズン2

シスポートのシステムはいろいろな業種・業態でお使いいただいております。こんな業種でこんな使い方をされていると
いった事例をご紹介し、参考にしていただきたく思っております。

部長:おーい、猫山くん!
猫山:はいはい部長、出発準備オッケーですよ!
   今日は先だって生産管理システムを導入いただいた○○精工さんに向かいま~す!
部長:おお、最近当社が力を入れている小規模な製造業のお客様向け生産管理パッケージ「Assist」の導
   入先だね。それは楽しみだ。じゃ、出発!

部長:しかしだよ、まだ本稼働してないんだろ。 大丈夫か?
猫山:確かに生産管理の導入は一筋縄ではいきません。社員、機械、工程、材料など
   稼働前に準備しないといけないデータもいろいろありますからね。
   しかし要はお客様のやる気が大事です。
   ○○精工様では日々忙しいながらも着々と準備を進めて下さっているので心配してません。

部長:そうか。ここで君に訊くのは少し恥ずかしいのだが、ズバリ製造業における生産管理の
   重要性というのは何なんだろう?皆さん、何千万もする工作機械はわりと
   普通に購入されるようだが生産管理のような管理システムは不人気のようだが?

猫山:工作機械は買えば売上に直結しますからね。大変分かり易い訳です。
   しかしですね、生産管理を全くやっていない会社は存在しません。
   皆さん何かしらの方法で受注の管理などはされているはずです。
部長:じゃあシステム要らんじゃないか!
猫山:問題はやり方だと思うんです。まず受注したら生産予定を立てるわけ
   ですが多くの場合EXCELなんかを使ってゴリゴリやっておられます。
   現場に作業が流れていくと現場任せとなり客先から“あれ、いつ納品
   できるの?”と訊かれたら現場に聞きにいかないと答えられません。
   一方納品書は市販のパッケージソフトを使っている会社が多いです。
部長:つまりデータが分散しているということだね?
猫山:さすが部長。まさにそのとおりです。受注が生産情報に展開され、そ
   れが工程の進捗と連動し、完了したら納品書・請求書に流れていくの
   が理想ですが、そうなっていないために受注管理のEXCELの表は修正
   したのに現場への指示は元のままだったり、納品も済んでいるのに売
   上を忘れていたり、おまけに図面のデータはどこにあるかわからない
   と非常に無駄が多いのです。その無駄を金額に換算したらどうなると
   思います?
部長:そうだな。それにデータが分散していると見通しも悪いしなあ。デー
   タをワンストップで管理するということは今、よく言われる“見える
   化”に繋がるよね。
猫山:そうなんです。「Assist」では指示書に印字されているバーコードを
   使って現場で工程の開始・終了をリアルタイムに収集していきますの
   で“あれ、いつ納品できるの?”という質問にも事務所にいながら答
   えることが出来る訳です。
部長:なるほど、なるほど。そんなとこかね?
猫山:もちろんそれだけではありません。“見える化”で重要なのは本当に
   儲かっているのか?という点です。製造現場では材料などの直接原価、
   外部に頼む外注費だけでなく、作業する人の人件費や機械にかかる経
   費も原価として発生します。これらを把握しないと正しい利益は求め
   られません。次に同じような仕事が来た時、以前の原価が分かってい
   たら適切な費用を見積もれますが、分からなかったらエイヤでドン、
   てことになりますよね?
部長:おお、そうか! さっき君が言ったように工程の開始・終了が分かれ
   ば所要時間も分かるね。
猫山:人や機械はチャージを設定しておけます。システムでは誰がどの機械
   を使って作業したかまで指示しますので所要時間が分かれば今まで見
   えなかった原価も自動計算されます。そういったデータが積み上がっ
   ていけばより精度の高い見積も出来るし、値引に応じる際の判断材料
   にもなります。今はいろいろと要求の厳しい時代です。生産管理シス
   テムというのはどんぶり勘定を廃止し、そういったデータをしっかり
   管理して以後活用するために不可欠なものだと思います!
部長:珍しく説得力があるな、猫山君! 素晴らしい!

部長:ということで君と同行するのもこれが最後のよう
   だな。
猫山:え、定年退職ですか?
部長:ばっかもーん! 折角褒めてやったのに。
   転勤だよ。君もまた新しい上司と組んで良い
   仕事をしてくれたまえ。
猫山:そうですか、それは寂しくなりますね。
   今度の3月13日に久御山のクロスピアくみやま
   で予定している「Assist」をメインにした“生産
   管理システム勉強会”の最初の挨拶は新しい上司
   の仕事ってことですね。ご興味のある方はぜひ弊
   社までお問い合せ下さい!
部長:最後は手前味噌な宣伝になってしまったようだ。
   長きに渡り“犬も歩けばサポート日誌・シーズン
   2”をご愛顧ありがとうございました。では皆さ
   ん、またお会いする日を楽しみにしております。