業務に合った販売管理・生産管理のシステムで効率化をサポートします!

京都府京田辺市河原平田23番地の16

0774-63-1131

スタッフのつぶやき

Q-info 第167号 2021年11月発行 【スタッフのつぶやき】

カテゴリー[コラム/Qinfo, スタッフのつぶやき]

システム部の西田です。
コロナ禍が始まって、もうすぐ二年になりそうですね。そして私の腰痛生活も二年になりそうです。

最近は、鍼治療をはじめて徐々に痛みがなくなってきました。
クライミングは5年目に入り、最近はロープクライミングも登り始めました。
大体は室内で10mから15mの壁を、支点にロープを留めながら登っていきます。
わざわざ怖い思いをしてまで登らなくてもよいのですが、登れた時の達成感や疲労感、登る前のシミレーションとか、まだまだ楽しめそうです。

しばらくコロナが続きそうですが、出来ることは最大限注意しながら、仕事も趣味も前向きに楽しんでいきたいと思います。

(システム部 西田 進一)

Q-info 第166号 2021年10月発行 【スタッフのつぶやき】

カテゴリー[コラム/Qinfo, スタッフのつぶやき]

 開発部の真鍋です! 今回は個人的なお知らせをいたします。
妻が勤務する幼稚園で園児たちが体操できるようなオリジナルソングを作りたい---というお話がありまして、それなら私も何かお手伝いできるかと思い作編曲して提出しましたところ、何と採用して頂くことになりました!

園児たちが覚えられるような振り付けも付けていただき、多くの人たちにご参加いただくことになり、一大イベントとなりました!
ご参加いただいたのは園児や保護者の方はもちろん、介護施設利用者の方、金属系製造業の社員さん、カメラマンさん、地元FMのパーソナリティさん、給食製造業の社員さん、スポーツクラブから体育やサッカーの先生方、警備会社の警備員さん、消防署の隊員さん、カフェ屋さん、宇治抹茶屋さん…

完成した動画を見せてもらったとき、感動のあまり思わずウルっと来ました。
といった個人的なお話でございますが、何卒ご高覧いただけましたら幸いです。

https://youtu.be/jqYHCOHCVM0  動画自体は季刊誌スタイルで、少し長めです。
楽曲は12:39のあたりにあります。

(開発部 真鍋 智貴)

Q-info 第165号 2021年9月発行 【スタッフのつぶやき】

カテゴリー[コラム/Qinfo, スタッフのつぶやき]

 9月を担当するのは、岡です(^^) 残暑が厳しいイメージしか9月にはありませんが、実はとっても大切な日があるんですよ~
せっかくなので、ご存じの方はおさらいの意味で・・ご存じない方はφ(゚Д゚ )フムフム…と思ってくださいますように♪

3月3日の「桃の節句」、5月5日の「端午の節句」は皆さんよくご存知だと思います。
他に3つの節句を合わせて、一年には「五節句」があるんですよ。  ※下部に挙げておきますね♪

そうです!そのうちの1つが、9月9日の「重陽の節句」です。 陰陽(安倍晴明さんが有名ですね!)の思想で、奇数は縁起の
良い「陽」の数とされ、特に9は最も大きな奇数です。
それがなんと!2つ重なるお目出度い日に、宮中で邪気を払い長寿を願って菊の花を浸した菊酒を飲み、詩を読んだりする節会が
設けられました。  ※「陽」の数字が2つ重なると不吉とされ、その邪気を払うための行事という説も。
だから、「重陽」と呼ばれるのです~(^^)

1日も早く、流行り病のコロナが退散して長寿が叶うように、9月9日は「重陽の節句」をご家庭でもいかがでしょう?

(営業部 岡 恭弘)

Q-info 第164号 2021年8月発行 【スタッフのつぶやき】

カテゴリー[コラム/Qinfo, スタッフのつぶやき]

こんにちは。早いもので、入社してから1年を迎えました眞田@3児の父です。日々仕事と家庭の戦場にて戦っております。

これはあるあるなのですが、私の苗字が『眞田』なのでよく聞かれるのが、真田幸村と関係があるの?という事です。
結論から申し上げますと、残念ながら真田幸村とは血縁ではございません。

真田幸村と言えば『六文銭』が家紋として有名ですが、六文銭は戦時の旗印で、それ以外の場では「結び雁金(むすびかりがね)」
や「州浜(すはま)」が使用され、後に六文銭が替紋として使用されているそうです。
ちなみに私の本籍は長野県で、家紋は『州浜』だったりします。ですので微妙に関係があったりもします。

調べてみると私のご先祖様は眞田家に仕えた家来で、治水工事で功を挙げ眞田姓を使用する許可を得たそうです。歴史上の偉人
と何らかの繋がりがあると歴史に興味がわいてきます。いつか行った事の無い本籍地を訪ねてみたいと思います。

(管理部 眞田)

Q-info 第163号 2021年7月発行 【スタッフのつぶやき】

カテゴリー[コラム/Qinfo, スタッフのつぶやき]

老齢SEのつぶやき – 幻想的な見積

 最近は後進に道を譲るべくゆるい働き方になっておりますが、中心となってやっていた頃は多くのお客様に出向き、どのようなシステムを構築していくのかお打ち合わせしておりました。そんな中でしばしば遭遇したのが、いわゆる“オフコン”からの入替案件。見た目はサーバーも端末も普通のWindowsに見えますが、本来のオフィスコンピュータで動作していた姿をそのままエミュレータと言われる環境に封じ込めてそのままの姿で動作させている訳です(Windowsのカラフルな画面に黒い窓が開いていてオフコンの処理画面が表示されている、そんな感じ)。

 オフコンの世界に対し私たちが手がけるパソコンの世界はオープン系と呼ばれ必要な時に必要な情報を取り出せることを是としています。必然的にお打ち合わせでは“現在オフコンでは月末になったらこれだけの帳票が出力されるんや”と山ほどの帳票が登場します。売掛残一覧表などあって当たり前のものも当然含まれますが、一方でぱっとみた感じでは違いがわからないよく似た帳票も散見されます。出力の仕訳方法が違う、順番が違う、ある項目だけ採用している数値が異なる、といったものです。
とりあえず必要だから、というので持ち帰り開発費用見積の元となる工数(作業時間)を算出するための明細表を作成するのですが、これらはまるで幻想のごとく見れば見るほど同じに見えてくる…。

 次回、私が呼ぶところの“幻想的な見積”を持参し驚いてもらった上でさらに突っ込んだ話をします。この似たような帳票は一体どなたが必要とされているのでしょうか? というのもオフコンの世界では月末になったら所定の帳票が無条件に発行されるのでそれを綴じている、というケースが多いのです。結局オチとしては以前は〇〇部長が見てたみたいだけど今は誰も見てないみたいや…(^^);

 まあシステムの入替は断捨離のよい機会でもあるのだと思います。

 ちなみに私が“幻想的”という言葉を発したら相当な見積額になることは覚悟しておいて下さいね。

(特販部 山口)

Q-info 第162号 2021年6月発行 【スタッフのつぶやき】

カテゴリー[コラム/Qinfo, スタッフのつぶやき]

 4月に入社から1年を迎えました、システム部の山田です。
まだまだ至らない点も多々あると思いますが今後ともよろしくお願いいたします。

 趣味の話が続いてる様でしたので半年ほど前に買ったエレキベースの事を書きます。
友人とバンドをやろうという話になった際に、ベース担当がいなかったので思い切って買ってみました。

 このご時世ですので、残念ながら友人とはあまり練習できておりませんが、最近は自宅でお酒の友としてベースを弾くことがあります。お酒に酔ったらカラオケに行きたくなる方もいらっしゃると思いますが、それに近い感覚だと思います。
好きな曲に合わせて適当に音を出すだけですが、なかなか楽しいものです。(上達は目的としません。)
ヘッドホンから聞こえてくる低音も心地良いです。

弾き方にもよりますが、ギターに比べて生音がうるさくなりにくいのも自宅で弾きやすいポイントです。

 皆様自宅でできる趣味の一つとしていかがでしょうか?

(システム部 山田 耕大)

Q-info 第161号 2021年5月発行 【スタッフのつぶやき】

カテゴリー[コラム/Qinfo, スタッフのつぶやき]

いつもご愛読ありがとうございます。 原田@開発部です。

皆様は写真や動画を撮影するときに何を使われていますか?
今はスマートフォンで静止画も動画も綺麗に撮影できるのでデジタルカメラやビデオカメラを持って出掛けることも少なくなったと思います。
わたくしも子供が小さい頃は旅行や運動会の撮影用にデジタルカメラとビデオカメラを一緒に持って出掛けたものです。

最近は子供も大きくなりそれらの出番も少なくなってきたので去年GoProを購入しました。
オプションも豊富で自転車に取り付けて走ったりもできます。
アクションカメラなので小型で防水、少々手荒に扱っても問題ありませんし画角が広くて手軽に綺麗な映像が撮影できるので気に入ってます。
コロナ禍で出番が少ないのが残念ですが、気兼ねなく旅行できるようになったら色々な風景の動画を撮影してみたいと思います。

その前に撮り貯めた100本近いMiniDVビデオテープの整理をしなければいけないという現実は見ないことにします。

(開発部 原田 剛史)

Q-info 第159号 2021年3月発行 【スタッフのつぶやき】

カテゴリー[コラム/Qinfo, スタッフのつぶやき]

本格的にテレワーク体制に入って1年近くが経過した真鍋です。

妻は幼稚園勤務のためテレワークという訳にはいかず、早朝から出勤しておりますので、朝から洗濯して家族を送り出すのも私の仕事になりました。

こうして時間の配分が通勤していたころと大きく変化し、特に、夕食時に家族が揃うというのが私にとって一番の幸せです。

以前は通勤経路が長かったということもあり、「パパは土日しか家にいない」と思われていたぐらいですから、そのころと比較すると、本当にリセットボタンを押してやり直しているのかと思うぐらいの劇的な変化です。

デメリットとしては、世間で散々言われていますが運動不足に陥りがちです。
ですので、早朝のウォーキングを試してみることにしました。

習慣化する工夫として、Voicyを聴きながら歩くことにしています。
ちなみにフォローしているパーソナリティは、(敬称略)キングコング西野、イケハヤ、つつみ、KYOKO、聖丁、澤円、新R25 渡辺将基、箕輪厚介といった面々です。
Voicyを聴いておられる方がいらっしゃいましたら、おすすめパーソナリティを教えてください! シェアしましょう!

(開発部 真鍋 智貴)

Q-info 第158号 2021年2月発行 【スタッフのつぶやき】

カテゴリー[コラム/Qinfo, スタッフのつぶやき]

皆さん、こんにちは♪ 2月は岡がつぶやきます(^^)

※ちなみにこのつぶやきを書いている日は、12/29(火)。コロナが2月にどうなっているのか・・ 少し不安です・・

2月にちなんだお話を1つ♪

皆さんは「二月礼者(にがつれいじゃ)」という言葉を聞かれたことはありますか?
いろいろ調べてみますと、「正月にわけがあって(お芝居や料理屋関係の人など)年始まわりができなかった人が2月朔日に
回礼をする風習」のことを言うそうです。

『大辞林』 仕事の関係などで正月に年始回りができなかったために、二月一日に年賀に回る人。また、その風習。
『日本国語大辞典』 二月礼に回る人。 「鶯や二月礼者に疎からず」

俳句の季語(初春)にもなっているとか。私も全く知りませんでした!

2020年~2021年の年末年始は流行り病(コロナ感染拡大)の影響で皆さんへのご挨拶もあまり出来ず、すいません・・^^;
※初詣は地元の神社に行こうと思いますが、基本的には巣ごもり正月かなあ・・

2月朔日以降、落ち着きを取り戻して皆さんに改めて「二月礼者」として? ご挨拶に伺いたいと考えております!
どうぞ皆様も今は、兎にも角にもご自愛下さいね。

(営業部 岡 恭弘)

Q-info 第156号 2020年12月発行 【スタッフのつぶやき】

カテゴリー[コラム/Qinfo, スタッフのつぶやき]

 初めまして! 7月よりお世話になっております、管理部の眞田と申します。
まだまだ不慣れな事もあり、皆さんに助けて頂きながら、早く一人前になれるよう頑張って参ります。
実は私、過去にもシステム会社で総務経理として勤務しておりまして(今では無くなってしまいましたが…)、シスポートでも総務経理等を中心に担当いたします。

 簡単に自己紹介をさせて頂きますと、生まれも育ちも京都府出身、3児の父でございます。
趣味は映画やらスポーツ中継を広く浅く見ております。(最近は子供の影響でアニメばかり見させられております…)
また、パソコン等のガジェット好きでもあります。
食べる事が大好きで、運動不足、メタボが気になるお年頃でございます。

 なかなか皆様にお会いする事はないかと思いますが、お電話等でお話しする機会もありますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

(管理部 眞田 恭平)

古い投稿ページへ