業務に合った販売管理・生産管理のシステムで効率化をサポートします!

京都府京田辺市河原平田23番地の16

0774-63-1131

Excelワンポイント

Q-info 第161号 2021年5月発行 【Excelワンポイントテクニック】

カテゴリー[Excelワンポイント, コラム/Qinfo]

【パッと表の見栄えを調整】

今回のエクセルワンポイントは、作った表を見栄えよく調整したいけど、いちいち設定するのは…って時に便利な「スタイル」機能を紹介します。

Q-info 第158号 2021年2月発行 【Excelワンポイントテクニック】

カテゴリー[Excelワンポイント, コラム/Qinfo]

皆さん、Excelで作業をしているときにショートカット機能を使っています
よね?
じつは、“Alt+F1”を押すと、資料にあると「おっ!出来る人?」となる
アレ(!)が一瞬で作成出来るんですよ~♪
ご存知の方もおられると思いますが、改めてExcelの便利機能の1つを
お伝えします!

◆“Alt+F1”でグラフを一瞬で作成!◆
“Alt+F1”ショートカットの機能は、データが入力されているセルを選択することでなんと!
簡単にグラフが作成出来てしまいます。
資料作成をする際にデータの表だけではなく、グラフも載せたら見栄えも良いし伝わりやすいかも!って思うことありますよね?
そんなときに、“Alt+F1”ショートカットを使うことで効率よくグラフを作成できるので、ぜひ活用してみてください。
もちろん、作成したグラフは後からでもデザイン変更出来ますよ。
資料作成の際、思い出してください!

Q-info 第149号 2020年5月発行 【Excelワンポイントテクニック】

カテゴリー[Excelワンポイント, コラム/Qinfo]

データの入力規制

今回のエクセルワンポイントテクニックは、データの入力規制についてご説明します。
これは、入力するセルにある制限、例えば整数値だけとか日付だけとかの入力を許可するという制限を掛けることが出来る機能
です。

①設定したいセル(行や列)を指定し、(ここでは例としてB列を選択しておきます)
 【データ】タグを開き「データの入力規制」を選びます。

②「設定」タグを開いて、「入力値の種類」を選択します。

③こでは例として「日付」を選択してみます。
 そして、入力を許容するデータの範囲(日付範囲)を指定します。
 ここでは、許容範囲の日付を2020/4/1から2021/3/31までと設定します。

④B列に日付の入力範囲を設定しましたので、その範囲内の日付なら入力できますが、その範囲外の日付を入力するとエラー表示が出て入力することが出来ません。

⑤入力時のメッセージ、例えば「今年度の日付を入れて下さい」というようなメッセージを出すことが出来ます。
 また、範囲外のデータが入力されたときのエラーメッセージを作っておくことも出来ます。
 (例:入力範囲外の日付を入力しています)

Q-info 第116号 2017年08月発行 【Excelワンポイントテクニック】

カテゴリー[Excelワンポイント, コラム/Qinfo]

Excelワンポイントテクニック

今回のエクセルワンポイントは、重複チェックをご紹介したいと思います。
エクセルでDMの発送先リストや住所録など作ったときに
重複して登録されてしまった同じ名前を探すのに苦労されたことは
ないでしょうか?

そんなときに便利なのが重複チェックです。

重複チェックを行いたいB列を選択します。

ホームタブ→条件付き書式→セルの強調表示ルール→
重複する値を選択します。

「重複する値」ダイアログボックスで“値”と
“書式”を選んでOKを押します。

重複しているセルに色が付きます。

詳細な説明や選択後の処理などについては、

こちらをご参照ください!

 

Q-info 第113号 2017年05月発行 【Excelワンポイントテクニック】

カテゴリー[Excelワンポイント, コラム/Qinfo]

Excelワンポイントテクニック

今回は、入力した値に応じて、セルや行の色を変える方法を説明したいと思います。
たとえば、出荷予定リストの中から、当日出荷しないといけないものを探すときに、
下図のように行に色が付いていると、
探しやすいと思います。

設定するには、まず、ホームタブから「条件付き書式」を選択します。

プルダウンメニューから「ルールの管理」
を選んで「新規ルール」を設定します。

ルールの種類選択メニューから「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選びます。
そして、“B列に今日の日付が入った場合”という条件設定をします。
続いて書式設定で「塗りつぶし」を選択して、」塗りつぶしたい色を
指定します。

 

 

 

詳細はこちら!

 

Q-info 第111号 2017年03月発行 【Excelワンポイントテクニック】

カテゴリー[Excelワンポイント, コラム/Qinfo]

Excelワンポイントテクニック

【図1】のように入力したい項目をプルダウンメニューで表示させて選択する方法について
ご紹介します。

「データ」タグを選び「データの入力規則」から「入力値の種類」で「リスト」を
選択します。
(【図2】参照) 「元の値」のところに、選択肢のリストを入れます。【図2】の例では、
「正会員、準会員、非会員、ゲスト」という選択肢をセットしています。

詳細はこちら

 

Q-info 第99号 2016年03月発行 【Excelワンポイントテクニック】

カテゴリー[Excelワンポイント, コラム/Qinfo]

ごぞんじでしたか? Excelワンポイントテクニック

Excel One Point

 

 

Q-info 第87号 2015年03月発行
        【Excelワンポイントテクニック】

カテゴリー[Excelワンポイント]

ごぞんじでしたか? Excelワンポイントテクニック

今回は、条件を指定してその条件に合ったデータがいくつあるかを数える「COUNTIF関数」について
ご紹介いたします。

Excel

左の成績表の中で、男性と女性の人数を数えてみましょう。

条件に合ったデータの数を数えるには、COUNTIF関数を使います。
COUNTIF関数は、以下の書式で使います。

=COUNTIF(範q囲、”検索条件”)
     ・・・・すなわち、指定した範囲内で検索条件に一致したセルの個数を返します。

出欠一覧表などで○の数を数えるときなど、大変重宝して使えます。
ご存じでなかった方は是非活用して下さい

Q-info 第84号 2014年12月発行 Excelワンポイントテクニック

カテゴリー[Excelワンポイント]

ごぞんじでしたか? Excelワンポイントテクニック

~全角文字を入力できないようにする~

電話番号やメールアドレスの入力場所を予め全角文字が入力できないようにすることができます。

日本語入力をさせない列を選んで、「データ」タグを開き「データの入力規制」をクリック。

「日本語入力」タグを選んで、無効に設定すると日本語入力ができなくなります。

Excelワンポイント

Q-info 第80号 2014年08月発行 Excelワンポイントテクニック

カテゴリー[Excelワンポイント]

ごぞんじでしたか? Excelワンポイントテクニック

知っているようで知らないかも知れない、ちょっとしたテクニックをご紹介します。

Excel画面コピー群

(1) セルの合体
二つのセルの内容をひっつけて一つの
セルに格納したい場合、格納したいセル
に以下の書式を入力します。
=A2&B2

(2) セルのコピー
セルのコピーをする場合、コピー元の
セルの右下にカーソルを持って行き、
+になったらダブルクリックすると
下のセルすべてにコピーされます。

(3) 一度入力した文字の再利用
一度入力した文字を再入力する場合、
入力したいセルのところで[Alt]+[↓]
を押すと、候補が表示されますので
そこから選択できます。

古い投稿ページへ