実務に合った販売管理・生産管理のシステムで業務効率の改善をサポートします!

京都府京田辺市河原平田23番地の16

0774-63-1131

“一丁噛”が行く!

Q-info 第173号 2022年5月発行 【“一丁噛”が行く!】

カテゴリー[“一丁噛”が行く!, コラム/Qinfo]

第159回:フロッピーディスク

 先日、ある若者にフロッピーディスクと言ったら『それなんですか?』と言われました。
そうか、確かに最近はフロッピーは見かけないですよね。どんなものだと聞かれて、「四角い袋にペラペラの円盤状のシート、そうそう、ソノシートのような磁気媒体が入っていて・・・・」

 ソノシートなんて言うたら、ますますわからない…。
「ま、とにかく、ペラペラの円盤状のシートが入っていて、データを記憶するようになっている。古くはA4くらいの大きさの8インチやったけど、パソコンでは5.25インチが主流になり、そのうち3.5インチが出てきて、最後はほとんど3.5インチになった。ハードディスクなんて高価で手が出なかった時代の話や」と言ったら、なんとなく納得してくれたような・・・・。

そしてハードディスクが主流になったと思っていたら、SSDというのが出てきてパソコンの起動が飛躍的に速くなりました。

 フロッピーディスクが1MBでハードディスクが10~20MBくらいだったとき、『容量がでかくなった』と喜んでいましたが、今やギガバイト(1GB=1000MB)を通り越して、テラバイト(1TB=1000GB)という時代になってきました。記憶容量だけではありませんが速度も速くなり、パソコン、いや、ITの進化というものは、ホント、すさまじいものがありますね。

(一丁噛)

Q-info 第172号 2022年4月発行 【“一丁噛”が行く!】

カテゴリー[“一丁噛”が行く!, コラム/Qinfo]

第158回:大阪メトロ中央線

 過日、大阪南港のATC(アジア太平洋トレードセンター)での展示会に出展するため、久しぶりに大阪メトロのニュートラムに乗りました。地下鉄中央線コスモスクウェア駅と四つ橋線住之江公園駅を結ぶ自動運転でゴムタイヤを履いた新交通システムです。

神戸のポートライナーなどと同じようなものですが、こういうモノに乗ると、つい運転手のいない先頭車両の真ん前に陣取ってしまうのは、鉄ちゃんのサガでしょうか

 地下鉄の中央線に乗るのも久しぶりでした。大阪にはちょくちょく行きますので地下鉄も利用するのですが、たいてい乗るのは御堂筋線、堺筋線、谷町線ですね。中央線はあまり乗る機会がなく、千日前線や四つ橋線、さらには長堀鶴見緑地線や今里筋線などはめったに乗らないですね。

 それで、久しぶりに中央線に乗ってみて結構車両が古いなぁと感じました。
中央線といえば、2025年4月13日~2025年10月13日に夢洲で開催される大阪万博へのアクセス路線として延伸が計画されています。古いと感じた現在の車両の更新用として400系を2023年4月から投入し、万博開催期間中の輸送力増強用として30000A系を2022年7月から投入するそうです。30000A系は御堂筋線の30000系のリニューアル版で、万博が終われば谷町線に転用されるとのことです。

 万博なんていつの話?なんて思っていましたが、少し近づいてきたような気がしてきました。

(一丁噛)

Q-info 第171号 2022年3月発行 【“一丁噛”が行く!】

カテゴリー[“一丁噛”が行く!, コラム/Qinfo]

第157回:2021年度IT導入補助金結果報告

 2021年度のIT導入補助金の最終交付決定が1/26に発表され、今年度のIT補助金のシーズンは終わりました。
今年度から申請件数と交付決定件数が発表されることとなり、今まで何%くらい採択されるんやろう?と思っていましたが、その実態が明らかになりました。今年度は通常のA,B類型に加えて、コロナ対策類型として複数プロセスを非対面で運用できることを前提としたC類型や、テレワークを視野に入れたクラウド環境で運用できるものを対象としたD類型が加わり、5/14の1次締切から12/22の5次締切まで5回の締切毎に交付決定がなされました。類型毎や締切毎の申請数、交付決定数は以下のページに掲載されています。
https://www.it-hojo.jp/applicant/grant_decision.html

類型別では補助額と補助率が高かったC類型での申請数が多く、申請数はそんなに多くはなかったものの採択率が高かったのはD類型でした。また、1次締切から5次締切までを見てみると採択率に大きな差はなく、一般的に早く申請した方が採択率が高いと言いますが、そういったことは裏付けられませんでした。

 当社での成績はどうだったかと言いますと、申請数に対する採択率は全体で61.9%でした。全国平均の59.2%よりは少しいいという程度で大差はありませんでした。

 一方で、採択社数で見てみると、申請された会社が16社で採択された会社が13社、実に81.3%という高い結果を残しました。
これは、最初に不採択であっても、次回、その次と何度かリベンジされて、なんとか交付決定にこぎ着けたところが5社あったことが会社数で見る採択率の高さになりました。やはりあきらめずにチャレンジすることが大切なんですね。

(一丁噛)

Q-info 第168号 2021年12月発行 【“一丁噛”が行く!】

カテゴリー[“一丁噛”が行く!, コラム/Qinfo]

第156回:インボイス

 インボイス制度については、先月の【Sysport announce】でその概要をお伝えしました。

【Sysport announce】はこちらに格納しておりますので、お手元になければこちらをご覧下さい。

 過日、弊社のあるお客様とお話をしていたとき、「インボイスへの対応は如何ですか?」とお聞きしたら、『輸出入をしていないのでうちは関係ないわ』とおっしゃいました。
そのような勘違いも多いようですね。インボイスというと、輸出入取引の際にやりとりする請求書を想像しがちですが、今話題になっているインボイスとは、2023年10月1日(令和5年)から始まる「適格請求書等保存方式」に則った請求書のことを指します。

 2023年10月1日以降、適格請求書発行事業者として登録されて付与された登録番号が記載されている請求書をもらわないと、消費税の仕入税額控除が出来なくなるのです。つまり、登録番号が記載されていない請求書しか発行できない業者から仕入れると、その仕入にかかる消費税は税額控除できなくなるので、登録事業者以外は市場から閉め出される可能性があるのです。

 また、登録事業者は適格請求書として認められる要件を満たした請求書の発行をしなければならなくなります。
いずれにしても、中小企業にとってはやっかいなことになるのは間違いないのです。

 ちなみに、『はんばいQ30』は、その適格請求書が発行できるようになっており、インボイス対応の販売管理システムです。

(一丁噛)

Q-info 第167号 2021年11月発行 【“一丁噛”が行く!】

カテゴリー[“一丁噛”が行く!, コラム/Qinfo]

第155回:インフルエンザワクチン

 インフルエンザワクチンが不足しているのだそうです。ネットに「接種の予約を取るのに何十回も電話したわ」という書き込みがあったりしているそうです。調べて見ると、日本感染症学会が9月28日に発信した「今年はインフルエンザが大きな流行を起こす可能性もあります」という発表がきっかけだったようです。世界的に原料が不足している上、ワクチン製造で使う部品が新型コロナ用に回され確保が難しくなっているというのが原因だそうですが、皆さんはインフルエンザワクチンの接種をされますか?

 私はインフルエンザに罹ったことがなく、インフルエンザワクチンの接種もしたことがなかったのですが、昨年、社内のみんなから、コロナが流行っているのでインフルエンザワクチンは打ってください!と強く進言されました。
聞いてみると全員が毎年打っているというんです。へぇ~そうなんや、と。それで福利厚生の一環として、会社から上限3,000円として補助金を出すことにしました。今年も同様の措置を執りましたが、ワクチン不足ですぐに打てへんかも(^^;
私は先日かかりつけ医に行った時に予約できましたが(^o^)

(一丁噛)

Q-info 第166号 2021年10月発行 【“一丁噛”が行く!】

カテゴリー[“一丁噛”が行く!, コラム/Qinfo]

第154回:京都市営地下鉄に新型車両

 先月号で阪急電車初の冷房車5300系がまだ現役で走っており、電車の寿命って長いですねと書きましたが、京都市の地下鉄に開業以来初の新型車両が登場することになりました。
こちらは開業後40年だそうで、開業時からの車両9編成を今年から2025年度にかけて新型車両に順次更新するそうです。

 京都市の地下鉄はもともと赤字だったところにコロナの影響で乗客が激減し、ついに「経営健全化団体」への転落が確定的となりました。
そんな状態なのに新型車両の導入とは!という声もあるようですが、鉄ちゃんの私としてはワクワクせざるを得ません。デビューが楽しみです。

(一丁噛)

Q-info 第165号 2021年9月発行 【“一丁噛”が行く!】

カテゴリー[“一丁噛”が行く!, コラム/Qinfo]

第153回:エアコン

 今年の夏も猛暑が続き、暑い暑い といいながら毎日を過ごしています。熱中症警戒アラートなるものも発令されるなど、毎年暑くなっていくような気もしますね。さすがにエアコンのない家とかクルマなどはないかと思いますが、私が学生だった頃はエアコン(当時はクーラーと言うてましたね)なんてかなり贅沢品でした。クルマはもとより電車にもエアコンは付いてませんでした。窓を全開して走っていましたね。私は大阪の大学に通っていたので毎日阪急電車に乗っていたのですが、大学4年の時、1972年に冷房完備の5300系が京都線に登場しました。「冷房車」と窓に大きなステッカーが貼られていたのを覚えてます。なんかめちゃ嬉しかったですね。
その5300系の車輌は今も京都線で現役として走っています。電車の寿命って長いですね。

 卒業して大阪の電子機器販売会社の営業マンとして勤めたんですが、社用車にはクーラーが付いてませんでした。最初からエアコン装備のクルマは少なく、あとから助手席のところに室内機をぶら下げる格好で取り付けていましたね。自分が乗っていた営業車にクーラーを取り付けてもらえたのは、入社して4,5年してからだったかと思います。

 そんな時代から思うと今は天国みたいですが、エアコンの普及などで当時より外気温も上がり、温暖化も進んでいますので、何がいいのか、チョット考えてしまいますね。

(一丁噛)

Q-info 第164号 2021年8月発行 【“一丁噛”が行く!】

カテゴリー[“一丁噛”が行く!, コラム/Qinfo]

第152回:祇園祭

 京都は7月1日から31日まで祇園祭月間に入ります。7月1日の「吉符入り」から31日の疫神社「夏越祓」まで1カ月に渡る神事が京都に夏を告げます。中でも7月14日~16日の宵々山・宵山、7月17日の前祭山鉾巡行、神輿渡御・神幸祭など、例年、何十万人という人が押し寄せ京都は祇園祭一色となります。7月17日の前祭(さきまつり:神幸祭)だけだった山鉾巡行が、2014年から24日の後祭(あとまつり:還幸祭)にも復活し、更に賑わいを増していました。

 ところが、昨年来のコロナ禍でその様子は一変しました。昨年は山鉾も建たずひっそりとしていましたが、今年は半分くらいの山鉾が技術の伝承のため建てられました。そして、コンコンチキチンの祇園囃子も聞こえるようになりましたが、宵山の人出は数千人だったそうです。また、17日の山鉾巡行の日は、山鉾は動かず榊を手にした代表者が礼拝行列を厳かにしたそうです。

 京都の祇園で生まれ八坂神社南門の下河原で育った私は、小さい頃から祇園祭に接してきました。2年連続で寂しい祇園祭となったことは大変残念ですが、疫病退散を祈願した祇園御霊会(ごりょうえ)が始まりの祇園祭ですので、祇園祭にあやかってコロナ禍が一刻も早く収束することを願っています。

(一丁噛)

Q-info 第163号 2021年7月発行 【“一丁噛”が行く!】

カテゴリー[“一丁噛”が行く!, コラム/Qinfo]

第151回:ワクチン

 新型コロナウイルス感染症への罹患予防のワクチン接種が進んでいます。今この記事を書いているとき、65歳以下への接種券の発送が順次始まっていると報道されています。(地域によって差はあるようですが) 皆様方のところには接種券が届きましたか?

 私は65歳以上ですので5月半ば頃に接種券が届き、5/20から始まった京都市の予約サイトでの予約を試みたのですが、開始時刻を勘違いしていて気がついてログインしたときには既に満杯になっていて予約できませんでした。
次の予約受付は5/31から始まると言われましたが、1回目の時に電話やアクセスが殺到して混乱したことから、希望者はすべて一旦受付をして、市役所の方で場所と日時を割り振って、後日(接種日の1週間ほど前に)電話で連絡するということになりました。1週間前に『何月何日、どこそこに来い』と言われても暇な人はいいけど、仕事してる者にとってはそう都合良くその時間に指定場所に行けるとは限らないので、京都市のやり方に少々文句を言いながら、自宅が京阪電車沿線なので大阪中之島まで行きやすいこともあり、大阪中之島で自衛隊が設営している大規模接種会場に申し込むことにしました。京都府民まで予約枠が拡大された時にネットでログインしたのですが、まったく混み合っていなくて、希望の日時で予約することが出来ました。ということで、6/8に無事に第1回目の接種を終え、2回目は7/9に受けることになっています。

 接種後の痛みや発熱もまったくなく、また、接種会場の段取りなども極めてスムーズで(さすが自衛隊(^o^))、順調にいって良かったと喜んでおります。皆様も一日も早く接種が出来ますことを願っております。

(一丁噛)

Q-info 第161号 2021年5月発行 【“一丁噛”が行く!】

カテゴリー[“一丁噛”が行く!, コラム/Qinfo]

第150回:世界最軽量ノートパソコン

 先月、このコーナーでノートパソコンのバッテリーがへばってきたことを書きました。そんな記事を書いているうちに、以前から欲しい欲しいと思っていた世界最軽量の富士通のノートパソコンを、なんと衝動買いしてしまいました。
重さ634gという軽さ。まるでノートパソコンの筐体だけ持っているような感覚に襲われます。

 最近は歳のせいか、重いカバンを持ち歩くのが辛く、使っていたSurfaceが結構重かったので、少しでも軽いパソコンにしたいと思っていたときに目に入った富士通のパソコン。BTOタイプなのでCPUやメモリーなど好き勝手にアレンジして購入しました。
補助金を使って会社で買おうかとも思いましたが、かなりオーバースペック(CPU Core i7、メモリー32GB、SSD 512GB)なものにしたので補助金の対象にもなりにくく、この1年ほとんど祇園をうろついてなくて少し懐具合も良くなっているので、清水の舞台から飛び降りる思いで個人で買いました。(20万円以上しました)
少し納期はかかりましたがやがて届きました。確かに手に取ってみると軽い!この軽さで高性能。社内で見せびらかしてしまいました。

 しかし一つ大きな問題が。前に使っていたSurfaceのバッテリーの持ち時間が短くなってきていることも買替えの動機だったのですが、この新しいパソコン、バッテリーが2~3時間ほどしか持たないのです。カタログスペックでは11時間と書いてあるんですが・・・・
まぁ、11時間はともかくとしてもせめて5時間くらいは持って欲しいんですが、2時間とはあまりにも短すぎる。いくらハイスペックにしたといってもあまりにも短すぎます。富士通のサービスセンターに問い合わせたら、そんなもんだと言うんですがちょっとおかしいと思いませんか?

古い投稿ページへ