Q-info 第124号 2018年4月発行 【一丁噛】

第115回:働き方改革

 働き方改革が盛んに叫ばれています。いろいろな見方がありますが、長時間労働を改善していこうということかと思います。
そのために労働生産性をあげようということです。言い換えれば、効率よく仕事をこなそうということになります。

 普段の仕事を振り返ってみて下さい。非効率なことをしてませんか?
 私が良く目にするのは長時間パソコンの前に座って仕事をしたような気になっている人が多いこと。たいていの人はパソコンを使うことが仕事ではなく、パソコンを使って何らかの処理をすることが仕事なのです。
集計したり、転記したり、その結果をきれいなフォーマットで印字したり・・・・。
そのためにExcelなどを駆使して長時間パソコンと格闘しているってこと、ありませんか。

 私たちシスポートはそんな仕事から解放するために(時間短縮をするために)いろいろなアプリケーションソフトを開発しています。
仕事の効率を上げて時間短縮を図る。まさに働き方改革のお役に立てているというふうに思えるようになってきました。

 (一丁噛)