Q-info 第129号 2018年9月発行 【一丁噛が行く!】

第121回:JR西日本管内でPiTaPaポストペイサービス開始

 交通系ICカードで唯一のポストペイ方式(*1)を採用しているPiTaPaですが、これまでJRを利用する場合にはボストペイ方式は使えず、ICOCAなどと同様に事前にチャージしておく必要がありました。このたびJR西日本とスルッとKANSAI協議会がさらなるお互いの鉄道利用の利便性向上と一層の利用拡大を図る観点から、JR西日本の近畿圏エリアにおいてPiTaPaカードによるポストペイサービスを10月1日からはじめることになりました。それに伴って、JRでも月の利用状況により請求時に最大50%の割引(*2)が受けられるようになります。ポストペイ方式ゆえのメリット、享受したいものです。

(*1)…カードに現金をチャージして使う方式(ストアドフェア方式)とは異なり、クレジットカードと同じように一ヶ月の使用料を後日まとめて銀行口座から引き落とす方式
(*2)…例えば、JR京都~JR大阪間を平日の10時~17時の間に月4回以上利用すると、4回目以降の運賃が50%割引される