Q-info 第137号 2019年5月発行 【WIndowsワンポイントテクニック】

クリックボードの拡張機能

みなさんがよく使うWindows機能の一つに「コピペ」(コピー&ペースト)がありますよね♪  Windows10の最新版「Windows 10 October 2018 Update」にはペーストするデータを格納するクリップボードの機能に大幅な拡張があるんですよ。

クリップボードの拡張機能は2つあって、1つは「履歴」機能です。

これまでのクリップボードは、コピーした最後1件だけ(!)のデータしか貼り付けできませんでしたが、[Win]+[V]キーを押すことで最後だけではなく、PCを起動してから総てのクリップボードの履歴を表示し、過去にコピーしたデータも貼り付けが可能になります!

もう1つは「クラウドクリップボード」とも呼ばれていた「同期」機能です!
同じMicrosoftアカウントでサインインしている複数のデバイス間(主にPC)でクリップボードを同期し、例えば「パソコンAでコピーした文字列をパソコンBで貼り付ける」といった操作が可能になります。

上記、2つの機能を利用するには、「October 2018 Update」にアップデートしたあとで[設定]からの設定変更が必要です♪

★クリップボードの履歴と同期を有効にする

  [システム]-[クリップボード]で設定を行う

★クリップボードの履歴・同期機能を利用する

 [Win]+[V]を押し、貼り付けるデータを選択する 【画面2】

 何らかのアプリ上で[Win]キーを押しながら[V]キーを押すと[クリップボード]が表示されます。
 ここには最後にコピーしたデータ(画像やテキスト)以外に、過去にコピーしたデータや他
 のパソコンでコピーしたデータも表示されちゃいます♪ 貼り付けたいデータをクリック!!

 また、[クリップボード]の画面では、各データの削除、またはピン留め(削除できないよう
 にする)ができます。
 因みに[すべてクリア]をタップすると、ピン留めしたデータ以外をすべてクリアします・・

★ピン留めしたデータはPCを再起動しても消えない!

 クリップボードの履歴を実現するアプリはこれまでにもありましたが、Windows本体が搭載
 したことで、使いやすくなりました。
 シャットダウンや再起動でクリップボードのデータは消えてしまいますが、[クリップボード]
 の画面でピン留めを設定しておいたデータは消えません!
 よく利用する定型文などをピン留めしておくととっても便利かも?