Q-info 第143号 2019年11月発行 【IT雑情報】

ショートカットキー

今回は、ファイル操作で便利なショートカットキーをご紹介したいと思います。
ショートカットキーは、マウス操作の代わりにキーボードで使っているソフトを操作できる機能です。たとえば、ワードで長い書類を作っているときに、電話が掛かってきて、保存せずに閉じてしまった。というような経験はないでしょうか?
キーボードで、CTRL+Sを押すと保存できるので、マウスに持ち替えることなく、片手で操作できます。
動画解説のURLと、動画のQRコードを載せておきます。是非ご覧ください。

・CTRL+S 保存
・CTRL+F 検索   ファイルを探すときや、開いたファイルの名でキーワードを検索するときに
            利用します。
・CTRL+A 全選択  複数のファイルを選択したり、画面に表示されている文字などをすべてを選択
            したいときに使います。
・CTRL+C コピー  選択したファイルや、文字をコピーします。
・CTRL+V 貼り付け コピーしたファイルや、文字を貼り付けます。(複製ができます。)
・CTRL+Z 元に戻す 直前の操作を取り消します。
・CTRL+X 切り取り 選択した文字などを切り取ります。

参考:
https://www.youtube.com/watch?v=50wFHdi1YtM