Q-info 第148号 2020年4月発行 【スタッフのつぶやき】

 こんにちは♪ 4月は岡がつぶやきます(^^)
突然ですが、今年の大河ドラマは『麒麟がくる』ですよね。まさか、明智光秀が主人公になるなんてびっくりです。
私は元々歴史好き♪・・ 特に戦国時代が大好きです。あまりにも好きすぎて、そのまま中高の社会科と地歴の教員免許を大学で取得しちゃいました・・^^;

 今までの大河ドラマの中で、自分の中で最高傑作だと思っているのが2作あって『徳川家康』と『独眼竜政宗』です。両作品とも原作が山岡荘八さんです。 何が良かったか?
内容もさることながら、やっぱりキャストです!!
この中でも私は役所広司さんです! 未だに役所広司さんを越える信長に出会えておりません。最初から最期までかっこよかった・・

 もっともっと知りたい!と原作も読み漁りました。
『徳川家康』は時間かかったなぁ(うっとり)こうなるともう止まりません^^;
 主な作品では司馬遼太郎『国盗り物語』~池波正太郎『真田太平記』~海音寺潮五郎『加藤清正』・・まだまだありますが、少し変わったところだと隆慶一郎『一夢庵風流記』(前田慶次郎です!)
史実に基づいてないとよく言われるのですが、私は作家さんによって描かれるその時々の人間模様が面白かったです。
※歴史小説なんてそんなもんです♪

 コロナウイルスの影響で、出かけることが出来ないなら昔の書籍や大河ドラマ(You ○ubeなどありますし)に時間を使ってみようと考えています。もちろん、『麒麟がくる』も楽しみです!新しい光秀を発見したいです。

あかん、書いてるだけで読みたくなってきた・・

(営業部 岡 恭弘)