業務に合った販売管理・生産管理のシステムで効率化をサポートします!

京都府京田辺市河原平田23番地の16

0774-63-1131

Q-info 第166号 2021年10月発行 【Excelワンポイントテクニック】

カテゴリー[Excelワンポイント, コラム/Qinfo]

【フラッシュフィル】

今回のエクセルワンポイントは、Excelがデータの並び方にルールを見つけ、残りのデータを自動で入力してくれる“フラッシュフィル”という機能をご紹介します。使い方がとても簡単なので、「関数はちょっと苦手…」という方には特にオススメですよ!Office2013以降で使用可能です。

①変換用に列を追加し、一行目だけ[000-0000]の形式で手入力します。

②ホームタブの右端の方の「フィル」アイコンをクリックし、プルダウンメニューから「フラッシュフィル」をクリックします。

③すると、アッという間に[000-0000]形式になった郵便番号に自動的に変換されます。
たった数クリックでできてしまいますが、実はメニューから選択しなくてもショートカットキー[ctrl+E]でも同じことができます。

④文字列をくっつける場合は以下のようになります。

Excelがデータの並び方のルールを見つけられさえすれば使用できるので、様々な使い方が考えられます。
皆さんもぜひ色んな方法を試してみてください。