業務に合った販売管理・生産管理のシステムで効率化をサポートします!

京都府京田辺市河原平田23番地の16

0774-63-1131

Q-info 第159号 2021年3月発行 【読者訪問】

カテゴリー[コラム/Qinfo, 読者訪問]

お伺いした会社  株式会社ナルトシザー
お話を伺った方  代表取締役 長谷川 敏雄 様
会社の所在地   〒665-0821 兵庫県宝塚市安倉北2-19-23
連絡先など    TEL:0797-81-1263 FAX:0797-86-2850
ホームページ   https://www.narutoscissors.co.jp/
事業内容     理美容ハサミの製造・卸売業

 今回は理美容業界で理容師さんや美容師さんが一人前になったら買いたい,使いたいというあこがれのハサミを製造なさっているナルトシザーさんの、この度竣工したばかりの新社屋に長谷川社長をお訪ねしました。
そして、真新しい商談室でいっぱいの胡蝶蘭に囲まれてお話を伺いました。
 プロ用のハサミは数万円から10万円程度だそうですが、ナルトシザーさんのハサミはなんと20万円前後から30万円もするものまであるということで、まさにハサミ界のベンツとも言われているそうです。

職人が使うものだからこだわりもある。だから顧客の手の形に合わせたり、好みの切れ味に合わせたりしてカスタマイズして提供されているそうです。

 ナルトシザーさんは1963年の創業で現社長は3代目にあたられます。
創業社長はもともと徳島県鳴門市のご出身で関西で理髪店をなさっていました。
床屋さんでは毎晩ハサミを研ぐのが日課になっていたそうで、研がなくてもいいハサミが欲しくて創業なさったのだそうです。刃の摩耗を少なくして研がなくてもいい“21世紀の不思議なハサミ”を開発して売り出しました。プロ用ハサミが数千円から1~2万円だったという当時、5~10万円もする高価なハサミでしたが爆発的に売れました。床屋さんがローンを組んでまで買って行ったそうです。今でもまだ当時のハサミをメンテナンスすることもあるそうで、やはりいいものは長持ちするのですね。

 長谷川社長は3代目の社長にあたられます。1994年(平成6年)11月に同社に入社されました。
それまでアメリカで商社員として働いておられたそうですが、奥様の仕事の関係もあって帰国し、同社の東京営業所に入社されました。トップセールスマンとして活躍され、東京支店長から統括部長、そして社長と階段を駆け上がられました。社長になられてからリーマンショックなどいろいろ厳しいときも経験されましたが、7~8年前に兵庫県中小企業家同友会に入会され、経営手腕を磨くとともにいろいろなことが実ってきて、いい商品も次々と出すことが出来ました。そして『がっちりマンデー』をはじめいろいろなテレビで紹介されたりもして、業界人のあこがれのハサミとしてその地位をしっかりと築いてこられました。

 2年ほど前、同社が販売管理システムの導入を検討されていたとき、ある業者からとった見積があまりにも高いので顧問税理士さんが他社の見積もりも取りましょうと提案され、その税理士さんの知り合い経由で当社に声が掛かりシステムのご提案をさせていただきました。その結果、当社をご採用いただき現在に至っております。
昨年、UTM(FortiGate)を導入させていただき、外からiPadでシステムに接続できるようになるなど、更に便利にお使いいただいております。

 「ハサミはキッチンばさみをはじめ医療用などいろいろあるが、理美容のものに今後も特化していく。そして世界中に市場はあるのでインターナショナルに展開し、職人さんでもしっかりといい給料を取ってもらって、お子さんが『お父さんがあの会社で働いている』と自慢できるような会社にしたい」とおっしゃいます。
3月には新社屋の1階に“ナルトミュージアム”なるものを作り、理美容ハサミに特化してやってきた歴史を地元の方々にも見てもらえるようにされるのだそうです。「一般の人たちは、当社のお客さんのお客さんだから大切にしたい」とおっしゃいます。
 50%近くの自己資本比率を誇る優良企業として、そして世界に日本人の技術を伝える企業として、これからもますますのご発展を祈念いたしております。

(米田)