Q-info 第158号 2021年2月発行 【PDF】

Q-info 第158号 2021年2月発行 【PDF】

生産管理システムAssist

Q-info 第158号 2021年2月発行 【スタッフのつぶやき】

皆さん、こんにちは♪ 2月は岡がつぶやきます(^^)

※ちなみにこのつぶやきを書いている日は、12/29(火)。コロナが2月にどうなっているのか・・ 少し不安です・・

2月にちなんだお話を1つ♪

皆さんは「二月礼者(にがつれいじゃ)」という言葉を聞かれたことはありますか?
いろいろ調べてみますと、「正月にわけがあって(お芝居や料理屋関係の人など)年始まわりができなかった人が2月朔日に
回礼をする風習」のことを言うそうです。

『大辞林』 仕事の関係などで正月に年始回りができなかったために、二月一日に年賀に回る人。また、その風習。
『日本国語大辞典』 二月礼に回る人。 「鶯や二月礼者に疎からず」

俳句の季語(初春)にもなっているとか。私も全く知りませんでした!

2020年~2021年の年末年始は流行り病(コロナ感染拡大)の影響で皆さんへのご挨拶もあまり出来ず、すいません・・^^;
※初詣は地元の神社に行こうと思いますが、基本的には巣ごもり正月かなあ・・

2月朔日以降、落ち着きを取り戻して皆さんに改めて「二月礼者」として? ご挨拶に伺いたいと考えております!
どうぞ皆様も今は、兎にも角にもご自愛下さいね。

(営業部 岡 恭弘)

Q-info 第158号 2021年2月発行 【Excelワンポイントテクニック】

皆さん、Excelで作業をしているときにショートカット機能を使っています
よね?
じつは、“Alt+F1”を押すと、資料にあると「おっ!出来る人?」となる
アレ(!)が一瞬で作成出来るんですよ~♪
ご存知の方もおられると思いますが、改めてExcelの便利機能の1つを
お伝えします!

◆“Alt+F1”でグラフを一瞬で作成!◆
“Alt+F1”ショートカットの機能は、データが入力されているセルを選択することでなんと!
簡単にグラフが作成出来てしまいます。
資料作成をする際にデータの表だけではなく、グラフも載せたら見栄えも良いし伝わりやすいかも!って思うことありますよね?
そんなときに、“Alt+F1”ショートカットを使うことで効率よくグラフを作成できるので、ぜひ活用してみてください。
もちろん、作成したグラフは後からでもデザイン変更出来ますよ。
資料作成の際、思い出してください!

Q-info 第158号 2021年2月発行 【読者訪問】

お伺いした会社  有限会社 章美プリント
お話を伺った方  代表取締役 福野 慎吾 様
会社の所在地   〒601-8441 京都市南区西九条南田町41
連絡先など    TEL:075-691-1624 FAX:075-661-0292
ホームページ   http://www.syobiprint.co.jp/
事業内容     印刷業

 今回は弊社の封筒印刷などをお願いしている章美プリントさんに福野社長を訪ねしました。
同社はいわゆる印刷屋さんで名刺、封筒、伝票、冊子などの印刷、製本等を手掛けておられます。
昔は学校関係を中心に印刷需要に応えておられたそうで、修学旅行の生徒用の冊子とか報告書などの冊子ものなどを得意とされていました。
現在も小ロットの冊子、特にA5版の冊子は得意だそうですが、そういったものを積極的に手掛けておられるのだそうです。

 ちょうどお伺いしたとき、新しいオンデマンド印刷機が納入されたところで、メーカーの人がセッティング作業などをされていました。
オンデマンド印刷機は4代目だそうで、新機種になるほど今までできなかったことができるようになってきたとのこと。印刷できる紙などの種類もかなり増え、蛍光色での印刷などもできるようになってきたそうです。オンデマンド印刷のメリットは小ロット印刷やナンバリングができることなどですが、そのメリットを活かした印刷も積極的に手掛けていきたいとおっしゃっていました。

 最近はネットでの印刷通販が盛んで価格破壊されてきており、印刷業界はかなり厳しいのではないですかとお尋ねしたら、『たしかに、チラシなどの印刷はかなり低価格で出来るので、印刷業者が印刷通販に外注しているようなケースも見受けられるようになってきましたが、うちでは印刷通販では出来ないジャンルのものを手掛けるようにしています。そしてまた、印刷だけではなく、その前後、すなわちレイアウトやデザインなどの製作から、印刷後の封入や製本、宛名印字などをお引き受けすることで差別化を図っています』とのことでした。
ワンストップで出来るという強みを活かしていきたいとおっしゃってました。

 印刷業界の将来や同社のビジョンなどをお聞きしたら、紙の需要は減ってきているし、ひょっとしたら名刺などというものもなくなるかも知れない。印刷市場は7割減少するともいわれている。しかしながら、紙の印刷物が全くなくなるわけではないので、特殊なものなどに焦点を当てながらオンデマンドのメリットを活かして、印刷のみならず前後の工程を含んで付加価値を付けた営業活動をしていきたい、とおっしゃっていました。
そして、『こんなん出来ないかと、とにかく相談して』とおっしゃっています。
 印刷の歴史を将来、子供達に伝えていきたいということもおっしゃっており、そのためにもこれからも頑張って多様なニーズに応えられる印刷屋さんとして頑張っていただきたいと願っております。

(米田)

Q-info 第158号 2021年2月発行 【“一丁噛”が行く!】

第147回:携帯電話値下げ競争

 携帯電話の大手3社がdocomoの新プラン「ahamo」を皮切りに次々と値下げを表明しました。若干の変遷はあったものの、
結局Softbankもauも20GBで2,980円の横並びとなりました。
そして各社とも3月からネット申込でサービスを開始するということで待ち遠しいですね。

 そして少し興味を持ってみているのがいわゆる格安スマホと呼ばれるものがどうなるかです。大手3社の大胆な値下げに対抗
して、更に低価格で提供することになるのでしょうか。ますます、価格競争が激化していきそうな様相です。

 ま、利用者にとっては有り難い限りで、今や必携グッズであるスマホの利便性が高まることを素直に喜びたいと思います。