実務に合った販売管理・生産管理のシステムで業務効率の改善をサポートします!

京都府京田辺市河原平田23番地の16

0774-63-1131

ネコの穴(ITアドバイザー養成所)

Q-info 第124号 2018年4月発行 【ネコの穴】

カテゴリー[コラム/Qinfo, ネコの穴(ITアドバイザー養成所)]

テーマ:販売管理システムのクラウド化

急速に世の中に広がりつつあるクラウド型サービス。
販売管理システムにおいてもこのクラウドが取り入れられつつあります。

クラウドとはクラウドコンピューティングの略です。
作成したデータやソフトウェアを⾃社のコンピューターやサーバーではなく、「インターネット上」に保存することを意味しています。 これに対してこれまでのように⾃分の⼿元にプログラムやデータを保存する方式をオンプレミスといいます。

では、クラウド版とオンプレミス版との違いはどこにあるのでしょう?

クラウド版とオンプレミス版の決定的な違いは、ソフトウェアを「借りて利⽤する」のか?若しくは「⾃社の資産とする」のかということになります。
クラウド版は、⽉額・年額の「利⽤料」を⽀払うことで「借りて利⽤する」という形をとります。
一方のオンプレミス版の場合は、ソフトウェアを一括購⼊する=「⾃社の資産」になります。(リース契約という形式もありますが)。
自社の手元にプログラムを置いていますので、例えば数年に一度のOSアップデートの際に、今まで使っていたソフトが使えなくなってしまうことがあります。
それに対してクラウド版では、ソフトウェアの管理はインターネット上で行うため、将来のOS対応やバージョンアップなども自動的に対応してくれます。クラウドの利⽤料にはそうした⾦額も含まれている場合が増えています。
利⽤者がソフトウェアの対応を気にせずにパソコンのOSを変更する、ソフトウェアそのものの機能を最新に更新することが出来てしまいます。

良いことずくめのように見えるクラウド型ですが、その導入にはやはり注意も必要です。
販売管理システムは基幹システムであるため、セキュリティや障害時の対応、システム⾃体の速度(インターネットに影響を受けます)や安定性には丁寧な検証が必要です。
データをインターネット上に保存するため、セキュリティ上の懸念もあり、信頼できる企業が運営していることが大前提です。

私達シスポートは、クラウドへの移行はもう少し様子をみたいと考えています。

(壱Q)

Q-info 第122号 2018年2月発行 【ネコの穴】

カテゴリー[コラム/Qinfo, ネコの穴(ITアドバイザー養成所)]

テーマ:和暦か西暦か? 算出方法…

平成30年がスタートしました♪
しかしながら、皆さんもよくご存知のとおり2019年(平成31年)4月30日に今上天皇退位により終了することが正式に決まっています。  ※「今上天皇」とは、「現在在位している天皇」の意味ですよ。

 お役所の書類にしても、システムにしても西暦を使用出来るシーンが増えましたよね。私達の『 はんばいQ』も基本的には西暦です。
元号を採用しているシステムは大変です・・何故か?元号が決まってからでないとプログラムを改修出来ないからです・・^^;  ※前回のご挨拶で米田も触れていました。

 さて、ここで問題です! 2006年は平成何年でしょうか?
最近は、スマホに変換できるアプリも登場していますがもっと簡単な方法があります。西暦から「88」を引き算しましょう!答えの下2桁が平成になります♪ (西暦)2006-88=1918 → 平成18年ね? 簡単ですよね♪
 この計算方法は、昭和世代の我々にはお馴染みのはず!昭和だと、西暦から「25」を引き算します。答えの下2桁昭和になります。例えば、1973年は、昭和48年になります。(西暦)1973-25= →1948 → 昭和48年   ・・・・因みに私の生まれた年で~す(^^)
歴史好き♪だと、1900年=明治33年を覚えてたりしてると便利かも?

システムも簡単に西暦と元号を変換できると良いのですが、なかなかそうもいきません。暫く、消費税の軽減税率とともに頭を悩ませる課題の1つになりそうです。

(壱Q)

Q-info 第120号 2017年12月発行 【ネコの穴】

カテゴリー[コラム/Qinfo, ネコの穴(ITアドバイザー養成所)]

ネコの穴
ITアドバイザー養成所、その名も“ネコの穴”

テーマ:システム導入のヒントとは

 シスポートが展開している業務システムは、基本的に総てパッケージソフトです!

メインの販売管理システム『はんばいQ30』は、
別名「イージーオーダー型販売管理コアソフト」と銘打っています。

『はんばいQ30』は、キメ細かな標準機能とお客様に合わせた特別仕様を組み込むことで
お客様独自のシステムを実現することが出来るという発想から生まれています。

 パッケージソフトの導入メリットを考えてみましょう。よく言われるのは
フルオーダーと比較して安価且つ即導入出来る、この2点です。しかしながら、実は私達が
考える一番のメリットと目的は他にあります!

「他社の優れたやり方を色々な形でパッケージに組み込んだソフトを導入することで
自社の業務に取り込む」ことです!

『はんばいQ30』に限らずパッケージソフト導入を検討していくことは
「パッケージソフトの長所を積極的に取り入れること」と、「自社の今までの
業務フローの長所を残すこと」の間で、どうバランスをとるのがベストか?
ということになります。

特別仕様を組み込むことは、どうしてもコストがかかります。

たとえコストをかけてでも、どうしても拘りたい自社の長所は「捨てない」で
特別仕様としてシステムに入れ込んでください!

私達が提案している業務システムを導入する時は、お客様の業務フローの
洗い出しからスタートします。

ただ単純にWindowsが古くなったからシステムを載せ替えるのではなく、
もっと優れたやり方は無いのか?この業務はシステム化すべきなのか?
システム導入を通していっしょに探していきましょうね。
必ず良いシステムになります!

(壱Q)

Q-info 第118号 2017年10月発行 【ネコの穴】

カテゴリー[コラム/Qinfo, ネコの穴(ITアドバイザー養成所)]

ネコの穴
テーマ:システム導入のヒントとはITアドバイザー養成所、その名も“ネコの穴”

テーマ:パソコンの停電対策とUPS

 「本日深夜に台風が通過・・パソコンとかどうしたら良いの?」台風シーズンに
入ると、よくお問い合わせを戴きます。
折しも私がこの記事を書いているタイミングで台風18号が近づいています・・

★パソコンの電源は切りましょう★ とにもかくにも、まずパソコンはシャットダウンしましょう!

 「電源切ったら、次の日のパソコンの起動に時間がかかるやん・・」

いえいえ、万が一停電が起こった時にいきなりパソコンの電源が切れてしまうのは
故障の原因にもなります。
あまりにも遅いねん・・ それは、パソコンの寿命が近づいているのかもしれません。

 サーバーが稼働している場合、話はまた変わってきます。

サーバーは「24時間稼働する」ために設計されているという特長があります。
システムを継続して運用するために導入されていることがほとんどです。

その為、万が一の停電に備えて『無停電装置(以下、UPS)』という機器から
サーバーの電源は供給してもらっているはずです。

 このUPS、簡単に言うとスマホのモバイルバッテリーみたいなものなんです♪

台風の影響などで停電が発生してもUPSのバッテリーから供給される電力で
サーバーは稼働し続けます。もちろん、バッテリーにも限界があります。

UPSのバッテリー残量が少なくなるとサーバーの電源も切れます。
でも、安心してください♪ サーバーは安全にシャットダウンします。

UPSとサーバーを通信ケーブルで接続しておくことで、UPSの
バッテリー駆動を開始して10分経過しても停電が復旧しない場合は
UPSがサーバーにシャットダウン信号を発信します。

受信したサーバーは、自動的にシャットダウンします。
普段は何をしているのか?よくわからないUPS君なのですが、
非常時にはとっても頼りになります!

 ただし、1点だけご注意を・・
UPSのバッテリーも消耗します。定期的な交換が必要です。
バッテリーが消耗すると、肝心な時にすぐにバッテリー切れを起こします。

う~ん、バッテリーの弱ったスマホや携帯といっしょです・・^^;

因みに弊社から提案させて戴いてるサーバーの機器構成の中には、
このUPSも含まれています~♪

UPSをもう少し、お聞きになりたいときは【壱Q】までご連絡を~!

(壱Q)

Q-info 第116号 2017年08月発行 【ネコの穴】

カテゴリー[コラム/Qinfo, ネコの穴(ITアドバイザー養成所)]

ネコの穴
テーマ:システム導入のヒントとはITアドバイザー養成所、その名も“ネコの穴”

テーマ:システム導入で最初に考えることは?

 突然ですが、皆さんの会社でシステムを導入することになりました!

改善したいことってなんでしょう? 経営課題でしょうか?コスト削減でしょうか?
よく解らないから、丸投げ・・では後々大変なことになります。

 今回は、知ってるようで知らない? 私達ベンダ(システム供給業者)へスムーズに
依頼するコツをお伝えしますね♪

以下の2点を意識して、整理&スタートしましょう。

 ① 兎にも角にも、目的です。何を実現するためにシステムを導入するのか? 
 ② 全体業務の流れ ※システム化するための業務フローではありませんよ♪

どうすれば「目的」を実現できるのかを常に意識してくださいね。

目的がボヤけると「なんでシステムが必要なんやったっけ・・」となります。
今の業務の流れを総て把握しましょう。 最初は、業務の流れをフロー図に
起こします!

 現行の業務フロー図が「出来てから」システム化する範囲を決めます。

 本当にここをコンピュータでやるべきか?何度も考えてください。

なんでもかんでもシステム化するのは可能ですが、コストばかりかかることに…
人がやったほうが速くて安くつく業務もあります。

設定した目的を実現するために、どこをシステム化したいのか?

ここが決まれば、失敗することはありません!
システム導入は、自然に自社の業務分析と改善に繋がります。

 皆さんも一度、業務の流れをフロー図に起こしてみてください。
自社の強みや問題点が見えてくるかもしれません!

(壱Q)

Q-info 第114号 2017年06月発行 【ネコの穴】

カテゴリー[コラム/Qinfo, ネコの穴(ITアドバイザー養成所)]

ネコの穴
システムアドバイザー養成所、その名も“ネコの穴”

テーマ:「BYOD(Bring Your Own Device)」とは?

スマートフォン(以下、スマホ)を皆さんが便利に使うようになり、多くの人が個人のスマホを
持つようになっています。

このスマホ、仕事で使うととても便利ですよね!

例えば会社のメールを出先で確認、会社の仕事用のコンピューターやシステムに出先からアクセス
することも可能です。

そのため、「自分のスマホで会社のメールを確認&返信したい。また、会社のコンピューターに
アクセス出来ると仕事がはかどる!」と自然に考える人が増えました。

特に営業は仕事の効率が飛躍的に向上します。
そこで個人のスマホで、会社のメールを確認出来るようにする会社が増えてきました。

これを「BYOD(Bring Your Own Device):個人の持ち物を会社の仕事で使えるようにすること」
といいます。

携帯電話の使用料が「定額制」になり私物を業務に使っても通信コストに対する負担感が
なくなったことで普及し始めたといわれています。

 私達のシステムにもBYODに対応している製品があります!

エレベータ保守管理システム「SmartUP’s」は、スマホを活用することでエレベータなどの
保守点検での作業効率が向上したと喜んで頂いてるんですよ♪

(壱Q)

Q-info 第112号 2017年04月発行 【ネコの穴】

カテゴリー[コラム/Qinfo, ネコの穴(ITアドバイザー養成所)]

ネコの穴
システムアドバイザー養成所、その名も“ネコの穴”

テーマ:オンプレミス

 やっと、「クラウド」という言葉が市民権を得てきました。もう新しい言葉も出尽くして、落ち着いてきた?

と思っていたのも束の間・・また新しい言葉が最近になって登場しています。

「オンプレミス」ってなんのことでしょう? 新しい技術なのでしょうか?
いえいえ、全くそんなことはないんですよ♪

実は、以前からあります。
 企業などが自社で用意したパソコンやサーバーなどの設備に、ソフトウェアをインストールして
システムを導入、利用する形態を言います。

そうなんです! なんやねん^^; ・・でしょ?

 今まではこの形式の運用がずっと一般的であったためにわざわざ名称はありませんでした。
しかし、最近はクラウドコンピューティングが普及してきたことで、それと比較する際に対義語として
用いられるようになってきたんです。

綴りは、「on-premises」と書きます。Premiseとは施設という意味です。

 

 

 私たちのはんばいQも「オンプレミス」です!!
どちらにも一長一短はあります。私たちは、「販売管理システムはクラウドで展開するのは未だ
時期尚早では?」と考えています。その結果、従来のオンプレミス方式を採用しています。

でも近い将来、クラウドにも移行出来る様に並行して開発を進めているんですよ♪

(壱Q)

Q-info 第110号 2017年02月発行 【ネコの穴】

カテゴリー[コラム/Qinfo, ネコの穴(ITアドバイザー養成所)]

ネコの穴(システムアドバイザー養成所)

『JANコード』
 小売店で売られているほぼ総ての商品にバーコードと
呼ばれる格子状の模様みたいなものが付いているのは
ご存知ですよね?
小売店で見かけるバーコードは「JANコード」といいます。
このJANコードは「どの事業者の、どの商品か」を表す、
【世界共通の】商品識別番号です。商品のブランドを持つ事業
者が、「一般財団法人 流通システム開発センター」から
貸与された「GS1事業者コード」というコードを用いて、商品ごとに
設定をします。
 
そういう商品を扱っていらっしゃる会社様はJANコードを
使って商品をシステムに登録しておけばわざわざ自前で
登録シールを作成&貼り付ける手間が省け、
POSシステム(レジの機械です)や受発注システム、在庫管理などで
活用できますよ♪
 
 ではJANコードが無い商品はどうしたら良いでしょう? 
自社店舗内のみでの商品管理のために付けられる独自番号の
バーコード(インストアコード)を作成し貼ればOKです。
 
 小売業のお客様をはじめとしてアパレル業、呉服卸業など
バーコードを使った事例は弊社が提供するシステムで多数あります。
 
皆様のご相談をお待ちしています。

新しい投稿ページへ